After Relationship(関係の後)

Susilo Nofriadi

説明

 人間関係は常に独自のパターンを形成するため、より深く調査する必要となる。人間関係は胎内で形成され、生まれた時に、家族との最初の関係が形成する。この家族との関係は、後に子供が他の人との関係を築く時や、将来どのように振る舞うかに影響を与える基礎となる。

 子供が家から外に出るようになると、学ぶプロセスが続く。物、自然環境、人間を含まれる関係を築き始める。大きくなるにつれて、他の人間との関係がより複雑になってくる。この関係は後に「付き合い」に分類される。

 一般的にデートというのはユニークなフェノメノンである。なぜなら、この関係は二人の間の合意を築く傾向によって形成されるからだ。しかし、関係の時代の発展と共に、若者によると、デートは普通に付き合うことだけでなく、この関係が苦しくて心を痛む。付き合う相手の存在が大きくなりすぎ、夢中になってしまうパータンを形成されているので、最近若者の中で話題になっている。

 その後、このようなFWB(セフレ関係)という関係のパターンができた。この関係は、性欲を満たす為、それにコミットメントなしで一時的な安心感をもらうに中心している。そして、オープンリレーションシップという関係で、相手が他人と関係を作らなければ、その他人と何をしても自由である。他にも、例えばイスラム教のta'aruf等、様々な関係のパターンがあるが、このプロジェクトは一般的な付き合い、セフレ関係とオープンリレーションシップに焦点を当てる。

 人間関係、特に恋愛関係が若者たちの考え方や人格形成に影響があるので、このプロジェクトが重要であると考える。それに、付き合いのせいで誰かが友達たちから孤立し、一緒に時間を過ごさなくなってしまうこともある。若者の関係のパータンのデータを収集するために、インタビュー(録画か録音)、質問紙法で行うので、対面とオンラインで実施できる。実施した調査の結果は、視覚的な作品、または文章で表示する。実験的なプロジェクトなので、行っている時に、色々な可能性やアイディアが出るポテンシャルがある。したがって、三ヶ月の期間でどのような結果が出るのか指摘できない。

 一つやろうとすることは、若者の恋愛関係の悩みのために、オンラインとオフラインで相談会を行う予定。収集されたデータはビジュアル、オーディオ、またはテキストの形にする。この結果によって、将来の関係について予想できると思う。

アーティストプロフィール

 Susilo Nofriadi(スシロ・ノフリアディ)は、2016年にバンドンにある大学に入学した時に、芸術的な実践に紹介された。主に写真を中心に、様々なわざを実験している。彼の作品は、感情、親密さ、個人的な物語や社会に露出された経験を探る傾向がある。その上に、作品に影響を与えた他の側面は、社会規範でなく、子供の時に母親にどうやって感情で物事を知覚するのかを教えられたことである。