Artist Surrogacy

Lija Markus

Liza Markus 1.jpg
Liza Markus 2.jpg

説明

 アーティスト・サロガシーとは、オンライン/非接触でもはや不可能だった、アーティスト・イン・レジデンスの従来のモデルに存在する親密さと交換の要素を維持するための方法。この方法で、一人のアーティストの作品、コンセプトや芸術的感性は、別の国・地域に住んでいるアーティストが具現化し、伝えることになる。

 つまり、生物学的な代理出産と同じように、二人目のアーティストは一人目のアーティストの「代理母」となる。また、代理アーティストは、最終的な作品に自分の「遺伝子」の一部を入れる。私たちは、遠隔レジデンシープログラムの中で、どのようにして「実践的」なアートの実践を含めるかを探求し、代替的なアートの流通を試し、そして毎日の食費に使われる通貨を「切り替える」することなど、もしかしてこのプロジェクトを通して、参加しているアーティストが「飢えない」ように助ける。

実施計画

サロガシープロセス:

  1. ペアのアーティストは、それぞれの2つの役割がある:

  1. アーティストになること

  2. サロゲート・アーティストになること

  1. 2つの役割は30日以内に実施する。2つの役割を同時に行うことも、交代で行うことも可能。

  2. アーティストの責任:

  1. 芸術的にも美学的にも(両方の視点や実践など)、サロゲート・アーティストに自分自身を開くこと。

  2. アイデアの「種」をサロゲート・アーティストに託すこと。

  3. 作品の送料を提供すること。

  1. サロゲート・アーティストの責任:

  1. アーティストについて学ぶことに積極的であること。(芸術的、美学的、視点、実践)

  2. アーティストの媒体となること。作品の一時的な「親」となること。

  3. 指定された時間枠内に作品を「期限まで」持つこと。

  4. 選ばれたスペース(レンタル、オンライン、またはオフライン)に作品を設置し、展示すること。

  5. 作品を文書化し、梱包し、発送の準備をして発送すること。

  1. アーティストとサロゲート・アーティストの両方の責任:

  1. それぞれの国の状況(材料の入手方法など)や現実的な時間枠(7時間/7日、食事相当額)に合わせて、思いやりと寛容を持ってプロジェクトを遂行すること。

  1. 各ペアは、自分たちに最も適した代理出産の方法を決定する。

  2. 利益について:作品の購入(またはレンタル)によって得た利益は、サロゲート・アーティストの報酬となる。

 オンラインでのウェブ展(OVRなど)に代わるものとして、従来のような「観客が展覧会に行く」という感覚ではなく、「観客のところに行く」展覧会を企画している。作品をネット上のオンラインマーケットに載せてみたり、一定期間作品を自宅に置いてもらえるように「レンタル」という形を作っている。

アーティストプロフィール

 Lija(リジャ)(1995年インドネシア生まれ)はナンヤン芸術アカデミーで彫刻家の訓練を受けた。彼女はオブジェ、ドローイング、彫刻、インスタレーション、執筆、キュレーションした展覧会などを通じて、人間が共有する感情についてのアイデアを表している。近年で、展覧会の制作過程において、より管理的でキュレーター的な役割を模索している。彼女の現在の関心は、宗教的マゾヒズムの現象と、東南アジアのキリスト教やカトリックの儀式におけるポストコロニアル・ハイブリッド文化の痕跡にある。最近のプロジェクトには、オンラインアートミームを組織し、Anathapindikaと一緒に「ACADEMIC FANTASY INDONESIA」レジデンシーを書き、「indo/art/no」と「antikolektifkolektifklub」とパートナーシップを結んでいる。また、ArcoLabsキュレーターとシンガポールのアーティストとの芸術的交流である「INIKAH RASANYA… (NERAKA)」を開催しながら、2019年~2020年にStudio Batur Bandungとアーティスト・イン・レジデンシー・プログラムを企画していた。