Kameumeut

Widi Wardani

説明

バンドンは、よく多くの特産品で知られている西ジャワの都市である。その製品はバンドン市の社会の習慣によって形成された地元の文化遺産だ。いくつかの例を挙げると、衣装、食品やサッカーのスポーツ。この文化遺産は、独自の文化に対して「kameumeut」というアイディアから切っても切れないものである。スンダ語でkameumeutはある人やものに深い愛情を感じるという意味だ。

 地元のサッカークラブ「PERSIB」がなければ、バンドンはは不完全である。バンドンにとって、創設以来PERSIBの存在は不可欠なものだ。このチームの旅の中で、サポーターの忠誠心で有名である。サポーターたちは「Bobotoh」として知られている。名前そのものは、スンダ語で文字通り「サポーター」を意味し、それ自体を語っている。公衆はBobotohの性格が激しいと思い込んでいる。相手のサポーターに対して無数の喧嘩屋がい、暴力的ないたずらで悪名高くしられている。Bobotohの暴力的な性格によって、Kameumeutの狂信的なアイディアを反映されている。バンドンの市民にとっては、PERSIBへの応援を表すことがただのスローガンでなく、何世代にもわたって受け継がれてきた情熱である。

 Widi氏がもっているアイデアなのは「kameumeut」、つまりPERSIBにおける記憶、感情、経験に関連する深い愛情だ。Kameumeutのアイデアは、三連祭壇画とスーパーズームという技法を用いて、言葉で表せないが感じられる抽象的なビジュアルで具現化する。この作品の中心は、キャンバスに描かれた三連祭壇画の混沌とした形だ。その断片は、彼の人生でのPERSIBに関わった記憶、感情や経験を表す。

彼の一番最近の作品で、様々な芸術の形を楽しんでいた時の身体的な経験からアイデアを思いついた。コーランの一節Al Baqara 216「自分たちのために善いことを,あなたがたは嫌うかもしれない。また自分のために悪いことを,好むかもしれない。」と理解した後にできたものだ。Widi氏の解釈はこれが人生の善と悪のバランスを意味する。

 彼は、同等の価値や重みよりもバランスの精神を解約され、知恵と正義が全てのものを比例すると解釈している。Widi氏が持っているバランス(彼の芸術的実践)によって、偏見や拙速な判断なしで全てのものを総合的に示すと試みている。

 結局、提供されたバランスのアイデアは、日常生活の中での徹底的な理解の実現として観られる。芸術的な流用を通して、アーティスト(正統的な)アーティストの作品からマイナーな部分を取り、それを拡大した。ゴッホの「Vista de Paris Desde Montmartre」とロスコの「Dark Over Light Earth / Violet and Yellow in Rose」は、流用された2つの作品である。彼はゴッホのダイナミックな色彩とロスコのフラットでミニマルな雰囲気を並置した。並置によってこの二つの間に出たコントラストの違いは、バランスと調和の新たない印象をもたらした。このようなアイディアとスタイルこそが彼の芸術活動の基盤であり、今後さらに探っていく。

Widi Wardani.jpg

アーティストプロフィール

 Widi Wardani(ウィディ・ワルダニ)はバンドンで生まれ育ったアーティスト。子供の頃から、彼の人生はBobotohと彼らの動きから遠く離れていたことがない。祖父がPERSIBの元選手で、試合を観たり応援したりしに行く時、幼児から常にWidi氏を連れて行った。祖父母から教わった習慣の影響を受け、Widi氏のPERSIBへの愛は人生の中で最も大切なものの一つになった。Kameumeutのアイデアは、彼にインスピレーションを与え、それを作品に作り出している。